読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとみんの毎日は甘辛ミックス@京都

夫婦、親子、家族ってスウィートでスパイシー。どんな自分でも大丈夫。自分流儀

落差の激しい自分も晒していこうという決意表明的な話

何から伝えればいいのか分からないまま時は流れての

 

小田和正現象を過ごしてました

 

ひとみんです。(どんな自己紹介)

 

 

 

相変わらず、言葉にできないときは(あ、小田和正現象!)ヤカマシイ

ブログやSNSの発信も止まるし

ひっそり暮らしたくなるというか

外の世界との交流を遮断したくなって

 

勝手に「引きこもり」が発動します。

 

 

動くときはガンガンいくんやけど

引きこもり出したら

友人のラインの返信すらまともにできないっていう。

 

 

「引きこもり」とは言うけど

家から1歩も出ないとかじゃなくて(そういうときもあるけど)

行きたいところがあったりしたら

ひっそり行くには行くから

 

「心の引きこもり」と名付けるわ。(なんの捻りもない)

ほんま、ネーミングセンスあらへん。

ってそんな話がしたいんやなくてw

 

 

そう、そう。

動くときと

心の引きこもりの差が激しいって話。

 

 

これね、最近までコンプレックスやった。

(コンプレックスに思ってることさえ気付けてなかった)

 

 

動く時と

静止するときの差だけでなく

 

基本的に差が激しい仕様の人間でして。

 

喜怒哀楽の感情も

人の好き嫌いも

やる気あるなしも

真面目不真面目も

几帳面と大雑把も

 

陰と陽がほんっまに激しい。

波が激しいともいう。

 

 

これね。ほんま、自分の欠点やと思ってたし

 

直さなあかんとか

変わらなあかんとか思ってたし

 

差が激しいのは人間的に未熟な証拠やから成長しなくてはってずっと思ってた。

 

 

そんな風なことを無意識的にずっと思ってたと気付けたのも最近なんやけど。

 

 

何せ差が激しいのは人間的に劣ってる  

人としてアウト

だめだって、ずっと思ってきたから

 

せめて、世間的にダメだと言われてる陰の部分は何とかしなきゃ

隠したい

変わりたいって

頑張ってきたん。

 

 

差が激しいのがひとみんやし

それがひとみんの魅力だよって言われても自分でそう思えんかったから

 

差が激しいお前はダメだって言われる事、人ばっかりピックアップしては凹んでたん。

 

 

 

仕事一つにしてもやる気があって真面目スイッチ入ってる時は

結構「できる人」ぐらいの地位にはいけるぐらいなんやけど

 

そうじゃないときは

まあ、ひどい。w

 

 

今やから笑えるけど。ってネタいっぱいある(笑)    

 

 

これが、ね。自分の意識とは裏腹に「勝手に」そうなるから

 

いつもしんどかった。

 

凹んでた。

 

 

自分責めてた。

 

 

感情の起伏もびっくりするくらいで(笑)

 

 

ヘラヘラフワフワ笑ってるか思たら

あれ?ここは道場ですか?って勘違いするくらいの取っ組み合いの喧嘩するくらい怒るときもあって

 

 

現、旦那びっくりしてる(笑)

(びっくりしてるっていうかわいらしいもんちゃうけどなw)

 

これ系の話ほんま濃密で

今のところ一番、あらわにするのが怖いんやけど。

出していこうと思う。

 

 

 

 

基本的に0か100の女やなってめっちゃ思うし

ユラギの幅がデカイということはすっごいパワフルでエネルギーも愛も大きい証拠なんだと

 

今、少しずつ思えるようになってきた。

 

 

 

 

 

負の感情やら

世間的にダメとされてることを

 

 

自分でバツしてて

 

夫にもバツされてて

 

 

何とかしなきゃと

罪悪感やら自己否定にまみれて七転八倒したものの

状況は良くならなくて。

 

周りの人間に申し訳ないなーって思ったりしてたんやけど

ふと、最近

メイワクとか可哀想どころか

こんなに大きな愛につつまれてる

周りの人間はむしろ幸せすぎやしないか?!

 

 

と頭じゃなくて腹に落ち始めたら

また、少しずつ動きだした模様です。

私のやる気も現実も。

 

 

 

 

女性はもともとユラギながら生きていく動物らしいし

その揺らぎに身をまかせるほうが

 

自分はもちろん

 

周り(特にパートナー)にとっても宜しいらしいので、ね。

 

 

揺らいでる自分にバツつけて

 

「ダメ」な時(勝手にダメだと思ってるだけやけど)の自分にバツつけて

 

何とか「ちゃんと」した「大人」になろうと必死で頑張ってる(必死で感は絶対に出さない)

少し前までの私みたいな人に

 

 

え?!何なん?!

そんなんでもええん?!ってことを

出していこうと思いまふ

 

 

多分、人によっては

「引く」人もいると思う(笑)

 

ないわーって離れていく人もいると思う。

 

そうなったらやっぱりちょっぴり悲しいし

自分の陰の部分さらけ出すってほんま苦手で怖いんやけど。

 

そんなひとみんでもいいよ

いや、むしろそんなひとみんがいいよ

 

って人に囲まれて生きていきたいし、そういう世界で生きていく自分にオッケーを出したのでね。

 

進めていこうと思います

 

1歩ずつ。揺らぎながら。