読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとみんの毎日は甘辛ミックス@京都

夫婦、親子、家族ってスウィートでスパイシー。どんな自分でも大丈夫。自分流儀

宮古島で沖縄ビールをのんで気に入ったもの、の話

名古屋という文字が

宮古島に見えるようになってきました。

 

ひとみんです。

 

 

「古」と文字数しか合ってないんやけど。

それさえあってたらリッパに宮古島にみえる現象真っ只中です。

 

 

 

 

そんな今日は宮古島で飲んだ沖縄ビールの話をば。(ただの一個人の感想)

 

 

 

 

 

ビール好きですか??私は好きです。

ていうか、お酒全般好きです。

 

 

 

過去、「酔う」という行為に逃げることも多々ありましたし

今でもありますし

「呑まれる」こともありました。

 

 

そういうのしょっぴいても

好きです。

お酒とお酒を飲む場と飲んで開放的になった人との交流が。

 

 

 

高校の時からがっつり。飲んでました。(もう時効)

 

当時はね、まだ規制?もゆるくてね

何かといえば飲み会したり

毎週の華金は居酒屋行ったり(最近は華金って言わへんってほんまなん?)

コンビニで買って鴨川で飲んだりしたものです。(バイト代が全部飲み代に消えることもウフフ←)

 

 

あ、ねえ?大丈夫?

こんなこと書いて今さら

「タイホ」とかならん??

 

 
f:id:aisaret:20161111232425j:image

 

 

まぁ、それぐらい好きやっちゅうことで。←ぇ?

 

 

んで。

 

今回沖縄ビールと名のつくものは大半飲んだんですが(まだ飲めてないのもある)

 

 

 

お(o^O^o)と思った内の1つをご紹介。

 

 

その前に、私はアサヒスーパードライが一番落ち着く感じのビールです。

あと金麦、エビス。(最近の発泡酒第3のビールうまし)

 

 

逆にくどいのはあまり好きじゃないです。

コクを売りにしたりしてるやつ。

(プレミアムモ○ツとかプライムリッ○とか好んでは買わない)でも出されたら飲む←

 

 

って感じの舌の人ってのを参考にしていただいて。

 

 

 

⬇じゃじゃーーーん⬇
f:id:aisaret:20161111233301j:image

 

 

これです。これ。

その名も「琉球セッション」

 

 

こういうカラーのビールってね

けっこうクセが強かったりして

合わないこと多いんですけどね(何その見た目から判断する感じ)

 

 

これは上手し‼でした。

 

 

スーパードライみたいに辛口でいかせてもらってます!キリッ!と感はないのやけど

 

甘すぎずくどすぎず

でもコクは出させてもらいましたー

どないでっしゃろー??(沖縄ビールやのに関西弁)

 

って感じ(伝わってる??)

くどいの苦手な私がリピ書いして自分のお土産用に買って帰ったぐらいです。(ほら、あの場やから旨かったっていうこともあるやん?)

 

 

帰ってきて飲んでみたけど、うん。おいしかった。ちょっぴりフルーティーやし。(このちょっぴりがミソ)

 

 

シリーズものらしく

この「琉球セッション」は第3弾なんだとな。

 

 

 

第一弾は確か赤色やったはず。

去年初めて宮古島行った時に関西では見ないから買って飲んでみたんやけど

 

 

それはかなりコク?がきついというかくどくて1本飲むのも苦労した記憶があるんだな。

 

 

それを思うと色々マイルドになった第3弾である。うむ。(あ、キャラが。)

でもうっすらオリオンビールのシャキッと感は残ってたなー。

 

 

 

 

シリーズものって期間限定販売なのかな??

期間限定とは書いて無かったような。よくわかんないんだけどもw

 

 

もしこの時期沖縄方面に行かれることがあったら1度お試しくだされ♪

 

 

味は保証、、、

 

 

 

しません(笑)

 

 

 

好みだからね。

 

 

 

 

 

 

お楽しみあーれ。

 

 

 

ついでに、ネットでも買えるみたいなので(それは調べた)

しばらく沖縄には行く予定ないなって人も

 

 

YouTubeでエイサーかけて目の前にキレイな海が広がる映像を妄想しながら

琉球セッション」を飲んで

沖縄のひとときをお楽しみあーれ。

 

 

 隣で砂をザザーザザーってやって海の音を演出するサービス望む人も望まない人も登録してくれたら嬉す♪

 

href="http://www.reservestock.jp/subscribe/62807">ひとみんの「え?そんなんでもええの?」と気楽になれるメルマガの購読申し込みはこちら</a>