読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとみんの毎日は甘辛ミックス@京都

夫婦、親子、家族ってスウィートでスパイシー。どんな自分でも大丈夫。自分流儀

お料理コンプレックスの発端と雪解け近いよの話

紅葉をみにいこうよう

植物園か、

西の方か

東の方か

南の陽子か

 

と夫にメールしたら見事にスルーされて

心に木枯らしふいてる

 

ひとみんです。

 

 

 

今日1オモロイこと思い付いた!とニマニマしながら送信したけど

 

だめやった。くそぅ!

 

 
f:id:aisaret:20161117001543j:image

 あまのじゃくめ(違)

 

 

今日のお話は『お料理コンプレックス』について。

 

 

「夫と私とお料理冷戦から爆発へ」は

中々出すのが怖すぎるのですが

まとまり次第アップするとして。

 

 

お料理を題材に色々やらかしてるんですね。私。

 

そんな中、先日友人と出かける予定があったので夫、子どものご飯を用意して出掛けまして。

 

その時夫用に用意したハーブとガーリック二種のグリルチキン(ええように言うたけどハーブソルトとガーリックソルトかけて焼いただけ)

 

これがね、めっちゃ辛かったらしく。

(⚪⚪ソルトって加減むずかしない??

急に塩率多っ!!ってなったりするし)

 

 

作ってる段階で辛いかもなーって思ったから

(急に塩率多い現象になったからさ)

ペッペッと払ったんやけど辛かったんやと。

味見のしようもないし。(こういうときどーしていいかわからん)

 

帰宅してから内心ドキドキ

表面ヘラヘラしながら機嫌悪い夫(これ、出かける前から)聞いてみたん、

「辛かった?」って。

そしたら「殺る気やな思た」と。

 

おっと。。。(笑)

 

 

「あのハーブソルトって難しいな」とか何とか言うて会話終わったんやけどさ。

 

 

 

もう。…はぁっ…( ´Д`)ってなった。

 

 

ずっと。お料理を「人様に食べてもらうこと」にコンプレックスがあってね。

 

 

今の夫とも料理をめぐって色々あってね。

 

 

自分と子ども以外には食べさせたくないんですよ。

 

 

作ることに関してだけを言えば嫌いじゃない。ムラはあるけど。

 

千切りとかむしろ好きやし。

 

 

 

今まで多少の努力もしてきたし(お料理教室行ったり友だちに教えてもらったり)

興味も持ってきたけど

 

 

苦手意識というか

コンプレックスというか

 

 

人に食べてもらう(特に夫)ことがストレス過ぎて献立考えるのや買い物さえ億劫な時があったのね。

 

 

夫の言動があまりにも失礼すぎる件を差し引いても

 

 

ストレスやったん。

 

 

「料理上手」とか

「料理が趣味」とか見聞きしたら超絶ザワザワしてた。

嫉妬とかの域越えて

出来ない自分否定に入るのがシンドイからそこの感情はあんまり感じないようにしてたよね。

 

 

私が作ったもので口に合わないのはあからさまに機嫌悪くなる夫が人の料理を「ウマイウマイ」と執拗に言うて来るときなんか

腹の中のマグマが煮えくりかえって抑えるの必死やった。

 

 

抑えて抑えて

「ケッ」って思ってた(笑)

 

初めは素直に「作った人に聞いてみよう」と思ったり聞いたりしてたんやけど

 

 

後半ずっとイライラしながら「ケッ」って思ってた(笑)

 

そんな自分にも悲しいんやけど、それもあんまり感じないようになってた。

 

 

 

そんなこんなで

 

先日のグリルチキンで殺ってやろうか事件(事件ってほどではナイ)

 

 

その前にあったお料理冷戦からの爆発事件

 

 

そして、ずっと「料理」ってものについてまわってくるコンプレックスな感情。

 

 

なんとなーく走馬灯のように思い出してグールグールなんとなーく考えてたら

 

小学校2年ぐらいの時を思い出したん。

 

 

ずっと、お料理に興味があって母に教わったり一緒に作りたかったんやけど

させてもらえなくてね。(やったことあるかもやけど記憶にない。)

 

やろうとしたら怒られた記憶ばっかりあるん。

 

で当時父方の祖母の家で

まだ元気やった祖母とお米を一緒にといでね

 

めっちゃ嬉し楽しかったのね。

 

 

こりゃ、もう「ひとりでできるもん」やわ!

 

って意気揚々と帰って自宅のお米もとぎます!!宣言したら

 

「出来るんか?米はうんたらかんたら(うんちく)」ってやや否定的な応えが返ってきたんやけど

 

できるできるー♪って。

「(だってさっきおばあちゃんとやって大成功やったもんねーふっふーーん)」って

 

 

「ひとりでお米とげるもん」を半ば強引に実行したん。

 

 

脳内でさ、

「お!いつもより米がうまい!」とかさ

「ひとみ、やるやん!」とかって父母から褒められるのを妄想してニマニマしながら

 

 

一生懸命ガシガシした。

 

 

 

ガシガシガシガシして、お水替えて

 

ガシガシガシガシしてお水替えて

 

 

お水替えて、、、お水替えて、、、

 

 

あれ?全然透明なお水にならんなー

 

とぎかたが弱いのかなー

 

ガシガシガシガシお水替えて

 

ガシガシガシガシお水替えて

 

ありり??(米を両手でこすり合わす←こら)

 

 

何かお米ちっちゃくなっちゃった。。。

とりあえず炊飯器で炊いとこ。。。イソイソ

 

 

で、出来上がった米のできばえはもう覚えてないんやけど、(米の原型は、、、なかったよねw)

 

何せめっちゃ怒られた。

 

 

もうね、びっくりするくらい怒られた(笑)

 

「初めて」のことで

たかが米のことで

そんなに怒るー?!ってビビるくらい怒られた。

 

 

特に父に怒られたのがショックでね。虫の居所が悪かったのと。

「料理」にこだわりある人なのと

一人でやることを「止めた」のに、勝手にやってたのと

 

色々あったんやろうけど

 

当時はそんなん知らんやん?(笑)

 

やし、めっちゃ凹んだ。

「喜ばせたかった」「褒められると思ってた」のに

「怒られた」から余計。

 

そのあとの記憶がぷっつりとないもの(笑)

 

 

あー。何かそのあたりが「お料理コンプレックス」の先駆けとなったのかなーってふと思ってね。

 

その当時の自分振り返ったら

相当拗ねててね

 

 

この拗ねが癒えたらお料理コンプレックスが少し雪解けしそう

 

 

 

雪解けしたら、これからお料理が楽しくなるのか

上手になるのか

完全に開き直るのか(笑)

は、分からんけど。

 

 

 

そんな私がいずれ料理本とか料理番組出てたら面白いな(笑)

 

興味ないけど(ないんかーーい)

 

 

 

 

料理ベタでも何とかなるさの料理本、発売されたら買うわーって人も買わないわーって人も登録してくれたら嬉しい❤

(お料理関係無い)メルマガ

 http://www.reservestock.jp/subscribe/62807

 お料理失敗ネタは書くかも~