読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとみんの毎日は甘辛ミックス@京都

夫婦、親子、家族ってスウィートでスパイシー。どんな自分でも大丈夫。自分流儀

自分の直感、違和感、思いは無視するなかれ

今、私が住んでるところは6年前、愛媛から子連れで帰ってくる際に
知人の紹介で住み始めた集合住宅です。

 

当時、最初の結婚でたった3年で500万ほどあった貯金も底をつき
引っ越しする費用さえないので
愛媛の1・2を争うほどの高級クラブで若くて綺麗な人がたくさんいるお店へ恥を捨て

数ヶ月だけバイトして費用を貯めて帰ってきました。


2年以上京都へ帰ることを説得し続けた当時の夫もその時「は」一緒に京都へ。
(前夫は愛媛の人です)

 

 

働くところと住むところを探していた私に
「ここで働くなら家も借りれるよ?」(いわゆる社宅的な)と友人に紹介してもらったのが

今の家。

 

職務内容は主に事務?帳場?で

やってみたかった仕事なのでモウマンタイ。

 

 

問題は家。初めて、見た時は・・・絶句した。

築50年以上。

 

スラム街みたい。って思った。

 

 

階段は2箇所あるんだけど
1箇所は電気がつかないから常時真っ暗。

壁には卑猥な落書き多数・・・w

夏には地元の小学生?中学生?が肝試しに来ることもあった。

ぱっと見、8階建ての大きな建物なんだが
ベランダなどがないので人が住む建物には見えないのだ。

 

 

だから人影が窓からフラット見えたら

おばけかなんかだと思うんだろね。

 

 

きゃー!!なんかいた!!!!!って走り去っていく声を聞いて

「そら、おるわ」「生きとるわい!!!!!」って思ってた。

 

 

家の中はそれなりに壁や畳は綺麗にしてくれていて

外見より小マシだった。

 

交通の便も
お買い物も徒歩1分のところになんでもある状態で

 

便は最高。

 

 

でも、なんか嫌だなぁ〜って思ってた。

早く出たいなぁ〜って。

 

幾度か出るタイミングはあったのだけど

この界隈でこの広さで、この家賃やし、今の夫の職場も激近やし・・・

と、とどまる理由を引っ張り出してきた。

 

でもたまにふと訪れる

「引っ越したい」気持ち

 


この付近、今の小学校区で探すとなると・・・

十数万になる。家賃だけで収入の半分以上。。。

 

 

オウマイガ

 

新しいところに住む「ために」

働きに出るという選択肢はなかった。

 

 

まだ、次男保育園に預けたくないし(保育園代もいるし)
古汚いのは嫌だけど、我慢できる程度だし

便利いいし

この界隈にしては家賃安いし

別居中の夫ともどうなるかわからんし

 

 

「もうしばらくこれでいっか」

 

 

って言ってるうちに

建物が取り壊される話が出た。

 

 

退去の期限は今年の9月・・・・

 

 

なんだw結局出る方向なんやん!!って思ってた。

 

 

 

去年の年末あたりから
引っ越ししたい思いが強く、毎日思うようになってきた。

 

でも、やっぱり色々ネックで動けなかった

動かなかった

 

 

ネットで賃貸調べてみるけど

どれも。。。微妙。。。

 

ま。ギリギリまでここにいよっかな〜〜

(でもできるなら早く出たいなぁ〜)

 

出たい気持ちが本音なのに

色々理由引っ張り出して

黙らせてた。

 

 

いうても後、半年くらいの「辛抱」

 

 

2月後半くらいには

もう出たい出たい出たい!!っ衝動が大きくなってた。

家の検索も頻繁になる。

 

 

でも、私は家を探すことよりもしなくてはいけないことがある。

「夫とこれからの話をすること」

 

今年の9月(つまり引っ越しする)までには話しなきゃな〜って思ってた。

 

今日こそは・・・っていつも思うのだけど

 

ずっと逃げてた。色々理由付けて逃げてた。

 

 

その話しをしなくちゃいけなくなるから

引っ越ししたい気持ちも抑えてた。

 

イムリミットをギリギリまで伸ばして。

 

 

どーしても引っ越ししたい気持ちとでも探してもこれ!!ってものが見つからない等の理由で

先日「さちみたまのオンラインスレ」で

叶うといいなの欄に

「理想の引っ越し先を見つける」とコメントした

 

 

自然に動けるように支援もしてもらった

(進行形)

 

 

 

そしたらね、数日前にもういますぐに「この家を出たい」

出来事が起きた。

 

 

いますぐ出たい。出たい出たい出たい出たい出たい出たい。

 

 

それまで、ずっと先延ばしにしていた知り合いの不動産に

条件を羅列したメールを送った。

 

 

ちょぼちょぼしかできなかった

引っ越すための断捨離をこれを書き終えたらやり始める

 

 

夫とも今日話しする。

 

 

いままで「それなり」に動いてたつもりだったけど

実際動き出すと必要な動きができてなかったことに気づいて愕然となってる。

 

 

引っ越ししたい。

夫とちゃんと話ししたい

 

これらの気持ちがあるのはわかってた。でも「無視」してた。

どーしたら叶うかな?じゃなくて

叶えられない理由ならべてスルーしてた。

 

 

 

正直、今回の「出たくなる」出来事はメンタル的にかなりキタ。

 

 

引っ越ししてても悲しい気持ちになる出来事ではあるが

ここまでなんとも言えない気持ちになることはなかっただろうな。

 

 

 

 

自分の直感とか違和感とかすぐに

「でも現実的には・・」とか

「気のせい」とか

「ちょっと我慢したら済む」とかになりやすいけど

 

 

 

 

 

それが積もり積もって起きる出来事って中々なもんです・・・

 

 

「テメェ!!!無視してんじゃねーよ!!」

「テメェ!!!!逃げてんちゃうぞ!!オルァ〜!」とキレることがあったのは

 

 

 

 

実は自分の腹が自分に怒ってたのだ。。。

 

 

 

ホント

自分の直感・違和感・思いは無視するなかれ・・・・・うぅ・・・